スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

いまだからこそ響く? 『フィフス・エレメント』が映し出していたリアリスティックな世界

映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
いまだからこそ響く? 『フィフス・エレメント』が映し出していたリアリスティックな世界
1990年代……それは、リュック・ベッソン監督が最も輝いた時期。日本ではベッソン監督の『グラン・ブルー』(1988年)がリバイバルされ、連日観客がつめかけ、大盛況となった。このヒットは、ハリウッド大作映画にないものを求め、小規模の劇場で公開されるアート系や個性派映画に人気が集まった、日本の「ミニシアタ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました