スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

億万長者・稲盛和夫が出家して気づいた「500円玉のありがたさ」

思想 美学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
億万長者・稲盛和夫が出家して気づいた「500円玉のありがたさ」
「経営の神様」と称される稲盛和夫氏が神様たるゆえんの一つに、稲盛氏独自の「フィロソフィ(企業哲学)」がある。それに大きな影響を与えたのが、出家の経験だ。起業家、経営者として成功を収めたことで億万長者となった稲盛氏だが、仏門に入って修行していたときに胸を打ったのは、「500円玉のありがたさ」だったという。

皆さんも、500円玉を見つめてみて下さい…

コメント

タイトルとURLをコピーしました