スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

生死に直結するほどハイリスク…それでも大学病院の医師が「生まれ変わっても循環器をやりたい」という理由

健康 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 
生死に直結するほどハイリスク…それでも大学病院の医師が「生まれ変わっても循環器をやりたい」という理由 「治療が上手くいけば、結果がすぐに出る」
心臓をはじめとする「循環器」は、生死に直結するハイリスクな診療科だ。鳥取大学医学部附属病院副病院長で循環器内科医の山本一博さんは「治療現場では大きな重圧もかかるが、治療が上手くいけば、結果がすぐに出る診療科でもある。とてもやりがいのある仕事で、私は生まれ変わっても循環器の医者をやりたい」という――。

コメント

タイトルとURLをコピーしました